トラブルに負けないお肌作り お悩み別ドクターアドバイス

お肌はとってもデリケート。日々変わっていくので、気づいたときが始めどき。
美容皮膚科医として、日々さまざまなお肌の悩みと向き合う中で感じているのは、ホームケアの大切さ。
正しいケアを続ければ、コスメのチカラだけでもお肌は健やかに生まれ変わります。

お悩みのある箇所をクリック!お悩みに合わせたアイテムもご紹介します。

ニキビ

その毛穴トラブル、皮脂詰まりが原因じゃないのかも?!

黒いポツポツが目立つイチゴの種ような毛穴。落ちくぼんで楕円形になってしまった毛穴。でも大丈夫。水分と油分のバランスを整え、毛穴の目立たないお肌をめざしましょう。

毛穴のお悩みツートップは「皮脂毛穴」と「たるみ毛穴」

一口に毛穴が目立つといっても、その状態はさまざま。 年齢や気になる部位によっても原因は異なり、単に毛穴に問題があるだけでなく、お肌の老化やキメの乱れなどが関わっていることも。 そのため、自分の毛穴の状態をきちんと見極めて、状態に合ったケアをすることが大切です。 ここでは、毛穴のお悩みで最も多い皮脂毛穴とたるみ毛穴のケアをご紹介します。

コスメアドバイス

もうメイクで隠すのはヤメ!
基本に立ち返った毛穴ケアをしましょう。

年齢を問わず、お悩みの多いのが毛穴。イチゴの種のようにポツポツした黒い毛穴も、大きく開いてお肌が穴だらけのように見える毛穴も、徹底ケアでメイクで隠さなくてもいい毛穴に育てましょう。

リファインクレンジングオイルEX

リファイン
クレンジングオイル EX

滑らかな感覚で強くこすらずに素早くメイクと馴染み、スッキリと洗い流せるクレンジングオイルです。

詳しくはこちらから
フェイシャルフォーム

フェイシャルフォーム
 

ワンプッシュで簡単濃厚泡。忙しい朝もハリ艶、極上泡洗顔。セラミド、AHA配合で古い角質をやさしく洗浄。

詳しくはこちらから
ウルトラセラムll

ウルトラセラムll
 

小ジワ・毛穴に効果的なレチノール、エイジングケアに有効な3GF・新型ビタミンC誘導体APPS等も贅沢に配合。

詳しくはこちらから
セルコンディショニングローション

セルコンディショニング
ローション

余分な皮脂や汚れを落とし、肌の角層を柔らかくする導入化粧水。3GF配合で、ターンオーバーの促進を促します。

詳しくはこちらから
セラリッチミルク

セラリッチミルク
 

高濃度セラミド4.25%配合。美肌の基本、保湿を極める贅沢美容乳液。毛穴が気になる方やエイジング層に大人気!

詳しくはこちらから
リファインリッチローション

リファイン
リッチローション

アンチエイジングに効果絶大の3GF・ヒアルロン酸等たっぷり配合。高リピート率で乾燥知らずの究極保湿化粧品。

詳しくはこちらから
1. ひと手間かけた角質ケアで、詰まりをやさしく取り除く。

角栓化してしまった毛穴の皮脂は、通常の洗顔だけでは取り除くことはできません。脂は油で落とすのが鉄則。 『クリームクレンジング』でお肌を柔らかくしながら皮脂を浮かせて、濡らしてひと絞りしたガーゼやコットンでやさしく拭き取りましょう。 特に毛穴がザラザラした毛穴の方には効果的です。 その後、洗顔、引き締め効果のある整肌ローションをコットンに含ませ、さらに皮脂や古い角質、汚れ、角質をきれいにふき取ります。

日中のテカリが気になる方は、朝の洗顔をしっかりと。

オイリー肌の方は、朝の洗顔にピーリング効果のある『フェイシャルフォーム』がおすすめ。 夜間、眠っている間に過剰に分泌された皮脂が垢とともについているので、キレイさっぱり落としましょう。 洗顔後はしっかり保湿を。その後、メイクに入ると日中もテカリにくく、メイク崩れもしにくくなります。

2. しっかり保湿で皮脂分泌を抑えるケアを。洗顔後の保湿を忘れずに!

皮脂毛穴のケアでは、過剰な皮脂分泌を抑えてお肌の水分と油分のバランスを整えることが大切です。 ベタつくからといって、保湿ケアを控え目にすると、お肌の保護機能が働いてかえって皮脂分泌を活発にしてしまいます。 洗顔後は保湿をしっかり行いましょう。

3. 排卵日から約1週間の集中ケアでオイリーな時期を乗り切る。

排卵日を迎え、黄体ホルモン(男性ホルモンの一種)が出てくると、お肌がオイリーに傾きやすくなります。 放置しておくと毛穴が目立ちやすくなってしまうので、排卵日から1週間ほどは、余分な皮脂をきちんと取り去り、たっぷりと潤いを入れてあげるケアを特にしっかり行いましょう。

あなたの毛穴はどのタイプ?
1が多いあなたは「皮脂毛穴」タイプ、2が多いあなたは「たるみ毛穴」タイプ
毛穴が開いて黒ずむ「皮脂毛穴」

イチゴの種のような黒いプツプツが特徴の皮脂毛穴は、皮脂腺から排出される脂が毛穴の中で老廃物や汚れと混ざって角栓となり、毛穴を押し広げてしまったもの。 皮脂分泌の多いTゾーンや鼻に多く見られ、特に気温や湿度が上昇する夏場に目立ってきます。 また、同じ皮脂毛穴でも、角栓がなくポツポツと穴が見える開き毛穴は、洗いすぎ、触りすぎが主な原因です。

皮脂毛穴
対策

できてしまった角栓は、角質ケアやマッサージなどで優しく溶かして取り除きましょう。 また、過剰な皮脂分泌を抑えるケアも大切です。開き毛穴は、乾燥するとさらに開いてしまうので、潤いを与えて毛穴まわりをふっくらさせるケアをしましょう。

毛穴が落ちくぼむ「たるみ毛穴」

本来、丸い形であるはずの毛穴が下に引き伸ばされ、楕円形やしずく型になっているのがたるみ毛穴です。 主な原因はエイジングと乾燥です。老化によって毛穴まわりの皮膚の弾力が落ち、毛穴の形がゆがんでしまうことで起こります。 ほうれい線や小ジワができやすい頬や口まわりに多いのが特徴で、お肌のたるみが進むと、毛穴と毛穴がつながって細いシワのように見えてしまうことも。

皮脂毛穴
対策

お肌が乾燥するとキメが乱れて毛穴が目立つので保湿をしっかりと。また、毛穴だけの問題ではないので、エイジングケアが大切になってきます。

あぶらとり紙の使い過ぎはNG!

過剰な皮脂を取ってテカリを抑えるあぶらとり紙は、オイリー肌の一度に数枚使う程度なら構いませんが、10枚も20枚も使って皮脂を取りすぎると逆効果です。お肌は皮脂を補給しようとしてまた分泌されます。


はがすタイプの毛穴パックはNG!

角栓を取り除くためにベリベリはがすタイプの毛穴パックを使うと、かえって毛穴が広がってしまいます。もちろん、爪などでムリに搾り出すのも禁物です。一度広がってしまった毛穴は、レーザー治療を行ってもなかなか治らないので絶対にやめましょう。